SSブログ
前の12件 | -

パナシクロクランク交換 [パナモリ シクロ]

クランクを SRAM RED AXS に

200501-12.jpg
Panasonic FCXCD01 SRAM RED AXS(dub)




クランクをアルテグラFC-R8000 46-34T(46-36T改)からSRAM RED AXS(dub)46-33Tに交換しました。このクランクの重量は566gととても軽量。これまでのアルテランクよりも107gほど軽いです。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏仕様のパナシクロが面白すぎる [パナモリ シクロ]

タイヤを32cのスリック系に

200501-11.jpg
Panasonic FCXCD01 GRAVELKING 32c SC-R8000 11-32T改(13-32T)





暖かくなってトレールシーズンもそろそろ終わりなので、パナソニックのクロモリシクロを夏仕様にすべくタイヤを交換しました。(これまではブロック系のグラベルキングSK35c)

タイヤを32cのスリック系グラベルキング交換したおかげで走りが軽い軽い♬(チューブレス仕様で使ってるので重さもロードタイヤ並に軽いです)

そんてもって、エアボリュームのある32cなので、走路を選ばずでして、少々の悪路だろうが、歩道や路肩の荒れた路面もお構いなし。気が向けばグラベルだって走れちゃう。どこでも走れる安心感。おまけに乗り心地が良いので足腰へのダメージも少ないと来たもんだ。

スピードだけを重視するならば純粋なロードバイクにゃかなわないだろうけど、、楽しさからしたら32cのスリックはかせたパナシクロが断然上かな。

きっとタンゲプレステージパイプの恩恵もあるんでしょうね。反応がクイックで踏み込んでも楽しいです。(こりゃ〜、いいパイプだ)

おかげでパナモリロードの出番が少なくなりました。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

13-32T 11s 自作スプロケ [自転車機材あれこれ]

13〜18Tがクロスなワイドレシオ、乙女ギア(爺ギア?)の作り方

200429-1.jpg
CS-R8000 11-32T改 13-32T 11s





13-32T 11s という組み合わせのスプロケはシマノ純正では存在しませんが、市販されているギアパーツをあれこれ組み合わせて使っています。私にはトップ11Tもトップ12Tも必要ないのでトップは13T始まりです。ギア構成は、、

13-14-15-16-17-18--20--22---25---28----32

13〜18Tがクロスレシオ(ギア1つ刻み)になってます。18Tまでがクロスってのは常用域の変速がとてもスムースで扱いやすいです。

作り方(組み合わせ方)は下記のとおり。
ロー側は市販の11-32T 11s(CS-R8000)を基本にして、トップ側を市販のギアパーツと部分的に入れ替えて自作します。交換ギアパーツの品番も記載しておきました。

ちなみに、10速用と11速ギアが混在してますが、どちらもギアの厚みは同じ(違うのはスペーサーの厚み)なのでこんな組み合わせでも問題なく変速いたします。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリシクロ グラベルインプレッション [パナモリ シクロ]

パナモリシクロでいつものフィールドへ

200417-11.jpg
Panasonic FCXCD01





緩やかなアップダウンがつづくグラベル(砂利道)でシクロクロスで走るには丁度よいルート。一部激坂や難所もありますが、MTBだとちょっと物足りないルート。

桜も散って、そろそろ毛虫やぶら下がり虫(←尺取り虫みたいなやつ)が発生するころですが、今日はまだ大丈夫でした。

本格グラベルでのクロモリシクロの乗り味ですが、やっぱりいいですね〜♬ 特に下りが気持ち良いです。クロモリのサスペンション効果でタイヤが跳ねる感じがなく非常に気持ちよく下れました。足腰への負担も軽減してくれるので楽に下れます。

で、気になってた登りですが、さすがに登りは重いですね。これまでのCANYON GRAIL ALより0.5キロほど重いので、その分少し重く感じます。ただ、登り難いかというとそうでもなく、クロモリのしなり感のおかげでトラクションが効いてタイヤがよくグリップしてくれるので登りやすかったです。特にデコボコの登りでその感覚が顕著でしたね。これまでは跳ねる感じが強かったのですが、今日はとてもスムースにクリアできました。

レースシーンで使うにはその重さがネックになりそうですが、のんびりグラベルを楽しむのであれば、クロモリシクロはとても良い選択だと思いましたね。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリシクロ スペック [パナモリ シクロ]

総重量9.2キロ(ペダルレス8.9キロ)

200417-11.jpg
Panasonic FCXCD01




・フレーム: Panasonic FCXCD01 サイズ550
・レバー: DURA-ACE ST-R9100
・FRディレーラー: DURA-ACE FD-R9100
・RRディレーラー:アルテRX RD-RX800-GS
・クランク: アルテ FC-R8000 46-36T改(46-34T)
・スプロケ: SUNRACE 11-36T改(13-36T)
・ホイール: Prime Pro DISC
・タイヤ: Panaracer グラベルキング SK(35c)
・ハンドル: S-WORKS Carbon シャロー(420mm)
・ステム: S-WORKS(100mm)
・シートポスト: 無印カーボン
・サドル: サンマルコ・カイマノ
・ブレーキ: TRP HY/RD
・ローター:シマノ XTR 160mm
・ペダル: シマノ XTR PD-M9000
・バーテープ: スペシャライズド ルーベ(ホワイト)


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

dub BB 届く [自転車機材あれこれ]

SRAMの新規格

200417-11.jpg
SRAM dub BSA BB




これでまた専用工具が必要になるが、、
致し方なし。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリシクロ試走 [パナモリ シクロ]

舗装路とグラベルをそれぞれ試走してきました

200417-11.jpg
Panasonic FCXCD01




いいです、めっちゃいい♬

まずは舗装路の試走ですが、、いや〜、よく進むんですよコレが。太い35cのグラベルタイヤ履いているのにもかかわらず、スイスイ進むのでびっくりしたほどです。これまで乗っていたCANYONのアルミのグラベルバイクよりも重量は重いはずなのに、なぜかこのパナモリシクロの方が軽快な走りでした。すっかりクロモリの乗り方に慣れてしまっているので、そのせいもあるとは思いますが、それにしても思いのほか進むので嬉しくなってしまいました。通常のロードタイヤだと、さらにどんな走りになるのか試してみたくなりました。

で、グラベル(砂利道)の試走。オフロード車ですからね、オフロードで試してこそです。結果は、すこぶるよろしいです。何がいいってその乗り心地ですね。路面からの突き上げがとてもマイルドになりました。クロモリならではの衝撃のいなし方かのかなと思いましたね。グラベルでこそクロモリがいいと実感いたしました。それと、グラベルでのペダルの踏み心地もクロモリの方が好みですね。疲れにくそうな感じはしました。ただ、アルミのダイレクト感もオフロードでは重宝する部分もあるので、こればかりは好みかな。トレールでの難所をクリアするにはアルミの方がいい場面もあるかなとは思いましたね。

とまあ、舗装路とグラベルをちょこっと試走しただけですが、とてもいい感じでした。これなら大満足です。

「クロモリバイクが欲しいな〜」と考えておられる方は、クロモリシクロにするのも良いかもしれませんね。タイヤを交換することでオフロードも舗装路も両方楽しめますしね。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリ FCXCD01 を買う [パナモリ シクロ]

CANYON GRAIL AL 売って、パナモリシクロ買いました

200408-40.jpg
Panasonic FCXCD01




クロモリの魅力に取り憑かれたものですから、、

アルミフレームのCANYONのグラベルバイク GRAIL AL の乗り心地やペダルの踏み心地に違和感を感じる様になってしまって、、

結局、GRAIL AL売って、パナソニックのクロモリシクロFCXCD01買いました。
これで我が家の自転車はすべてクロモリになりました。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリ FRCC12 ファーストインプレッション [パナモリ ロード]

第一印象はとても良好

86234140_1525421974276817_200243491442262016_o.jpg
Panasonic FRCC12




貧脚のおっさんサイクリストゆえ、スピードの乗りとか反応の良さとか、そういったことを云々するだけの脚力も感性も持ち合わせていませんので、このバイクのポテンシャルはどの程度なのを解説することはできませんが、、こんな私でも乗り心地についてはお話しできるかなと。

乗り心地、とても良かったですよ。一言で言うならとても上質な乗り心地ですね。

クロモリといえば、「しなやかな乗り心地」とよく言われますが、このバイクは単に「しなやか」とか「柔らかい」とかそういった単純な言葉では言い表せないものを感じました。なんて言うか、しっかりとした剛性感は感じるんですが、うまく衝撃をいなすと言うか吸収すると言うか、カーボンの様な減衰性も持ち合わせている気がしますね。クロモリパイプの中に振動吸収剤でも入っているかの様な感覚。カーボンフォークとカーボンホイールの影響も大きいかと思いますが、フレーム自体がそうなのだろうなと思いました。極薄加工されたニッケルクロームモリブデン(ニクロモ)パイプにその秘密があるのでしょう。

いわゆるクロモリバイクでよく感じる「ボヨ〜〜ん」とした感じは全くありませんね。しっかりとしたバネ感は感じながらも、すっと振動が消えていく感じですね。いわゆる普通のクロモリバイクと比べて、フレームの持つ固有振動数はちょっと高いのかなと思いますが、でも決して硬いと言うわけではなく、ソリッドな中にも優しさがある。って感じですかね。強強度でありながらも極薄加工された軽量パイプの持ち味かもしれません。

ソリッドな硬さの中にも衝撃をいなす上質な乗り心地。

体に嫌な振動を感じないので、乗ってて疲れにくい感じはしましたね。無理して乗りこなす感じは全くなくて、バイクが私に優しく寄り添ってくれる感じ。とても気に入りました♬ 大満足です。。

コルナゴマスターよりは明らかに優しい乗り心地です。正直なところマスターは腰痛持ちの私には少々硬すぎました。ただ、走りというか、反応の良さはマスターの方が上かなとは思います。踏んで楽しいのはマスターの方かな。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シマノ & SRAM ミックスコンポ [自転車機材あれこれ]

シマノ11速環境下でSRAM12速クランクを使う

200408-33.jpg
200408-34.jpg
DURA-ACE R9100 & SRAM RED AXS




今回、パナモリのコンポはシマノDURA-ACEとSRAM REDのミックスコンポ。そんでもってクランクのみ12速仕様なので、11速と12速の混在コンポってことになります。

SRAM12速クランクがシマノ11速環境でうまく機能するか? 少々心配ではありましたが、、使ってみると何の問題も無く機能してます。チェーン落ちもありませんし、変速性も実に快適。フロント変速時トップトリムもロートリムも使う必要もなく全域で快適に使えてます。

ブレーキもDURAレバーでSRAMキャリパーを引くわけですが、これまた何の問題も無し。効きすぎるとか効きが甘いということもなく、オールDURAでのブレーキ性能との差はそれほど感じなかったです。まあでもDURAキャリパーの方が若干効きは良いかなとも思わないでもないですが、まあ、それほど大きな差は感じませんでした。

というわけで、シマノ& SRAM ミックスコンポ、問題なく使えます。(当然メーカー保証外ですので、やるなら自己責任で♬)

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリ FRCC12 を買う 2 [パナモリ ロード]

オーダーから4週間で到着

200408-32.jpg
Panasonic FRCC12




パナソニックのカスタムオーダーバイクは豊富なカラーデザインサンプルの中から色もデザインも指定できるのですが、結局カタログに掲載してあるものと同じカラーデザインにしました。

発注かけて待つこと4週間で届きました。さすが国産パナソニック、仕事が早いです。(メッキが無ければもっと早かったらしい)
フレームが到着して翌日に組み上げ。

パーツはいろいろ吟味して、出来上がった姿がこの写真です。
基本コンポはシマノDURA-ACEですが、クランクとブレーキキャリパーはSRAM REDというミックスコンポです。
細かいスペックは以下のとおり

 フレーム:Panasonic FRCC12
 レバー:DURA R9100
 ディレーラー:DURA R9100
 クランク:SRAM RED AXS(12速)
 ブレーキキャリパー:SRAM RED
 ホイール:Prime RP-35(チューブラー)
 スプロケ:DURA R9100
 タイヤ:コンチネンタル コンペティション
 ステム:Dixna フォークステム(110mm)
 ハンドル:Prime X-LIGHT
 シートポスト:Nitto S-65
 サドル:サンマルコ・カイマノ

組み上がった重量は写真の状態で7.48キロでした。
クロモリにしては十分軽く仕上がりました。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パナモリ FRCC12 を買う [パナモリ ロード]

イタリア女性から大阪のおばちゃんへ

pdct_slide2.jpg
Panasonic FRCC12




マスターを売って、買ったのがこのパナソニックのクロモリロード「FRCC12」です。

パナソニックでカスタムオーダーできるリムブレーキ仕様のクロモリフレームは5種類ありますが、私が買ったのはインテグラルラグを採用したモデル、今どきのクロモリフレームです。

当初、あまり気にしていなかったモデルなんですが、昔ながらのクロモリに今時のインテグラルラグ&カーボンフォークと、昔と今とがうまく融合されたモデルだなと思えてきまして、、

そうなると何としてもほしい。
しかしながら先立つものがない。
ならばマスターを売ってしまえ。
ってな、いつもの展開です。(笑)


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の12件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。